2012年1月28日土曜日

呼吸音

連続性ラ音
楽音様の連続しているラ音のこと。
気道に狭窄が生じ、気流速度が増大。
気流と気道壁の相互作用で振動が発生。

① 低音性連続音(rhonchus)鼾様音
発生部位は、比較的太い気管支である。
250ms 以上持続する低音の楽音様のラ音。
気管支喘息、閉塞性肺疾患、気管支拡張症。
多音性 気管支喘息
② 高音性連続音(wheeze)笛様音
発生部位は、比較的細い気管支である。
400Hz 以上の高音の連続性のラ音のこと。
高音性連続音が聴取されると、気管支喘息。
単音性 気管支喘息
③ スクウォーク(squawk)
吸気性の連続性ラ音、持続時間は短く約100ms。
過敏性肺臓炎、Wegener 肉芽腫症、気管支拡張症、
肺線維症、特発性間質性肺炎、慢性関節リウマチ等。
吸気で聴取する 気管支拡張症