2010年10月13日水曜日

背部痛

Amplify’d from www.cabasun03.com

背部痛の原因


背部痛の原因はいろいろな要因があります。一言で背中が痛むといっても原因はさまざまです。背部痛の主なものとしてはいわゆる打撲です。背中をどこかでぶつけた場合などです。また、疲れなどで背中の筋肉が凝ったりしても背中は痛みます。心臓などの内臓が痛むと背部痛が起こります。内臓が悪くて背中が痛む場合は、ちょっと心配です。病院できちんと診察してもらう方が安心です。


背部痛と病気

背部痛と病気の関係を調べてみました。背中が痛む場合の病気としては肋間神経痛や急性胸膜炎あるいは狭心症、心筋梗塞などが考えられます。また、骨粗鬆症なども考えられます。激しい運動や農作業などの肉体を使う作業をして背中が痛むのは心配ないとは思いますが、それ以外で急激に背部痛が起こるのは要注意です。何らかの病気ではないかと疑って掛かったほうがよさそうです。まずは大きな総合病院で受診されることをおすすめ致します。

背部痛の症状

背部痛の症状としてはどんなものがあるのでしょうか?背中や肋骨などが痛み出すもの、背中とみぞおち周辺が痛み出すもの、背中と胸が痛むものなど背中と併せて肋骨であったり、みぞおちあるいは胸などが痛む場合は、内臓が悪くて背部痛が起きている可能性がありますので、出来るだけ早期に病院での受診をおすすめ致します。

すい臓がんと背部痛

すい臓がんになると激しい背中の痛みがあります。じっと横になっていることすら出来ない痛みが走ります。すい臓がんの症状で最も顕著な症状が背部痛です。それ以外には食欲がなくなります。また、体重も減ってきます。また、腹痛も起こります。とにかく背中が急激に痛み出したらすい臓がんを疑う必要があります。

食後に背部痛になると心配な病気

食後に背中が痛くなる人は病気の可能性があるみたいです。食後の背部痛で考えられる病気としては胆石、十二指腸潰瘍、膵炎などが考えられます。そして、すい臓の病気でしょうか。痛みの程度、吐き気があったり黄疸などが出ているなどいろいろな症状が考えられますのでまずは病院での受診をおすすめ致します。


背部痛と胃痛を伴う病気


背部痛と胃痛との関係は密接です。胃潰瘍をはじめ胃を悪くすると背部痛を伴う症状が見受けられます。胃潰瘍の場合は腹痛だと思われがちですが、症状としては背部痛もあります。食欲が無い、体重が減ってきているなどの症状もあります。体がどっぷり疲れていませんか?常に緊張感の中で仕事をしていませんか?ストレスを貯めていませんか?胃潰瘍かなと思ったらすぐに病院で診察してもらいましょう。


背部痛と腰痛を伴う病気


背部痛と腰痛を伴う病気をを調べてみました。背部痛と腰痛を同時に伴う病気には急性腎盂腎炎、遊走腎、尿管結石そして水尿管症などの病気が考えられます。血尿や頻尿、残尿感があって発熱があるようでしたら急性腎盂腎炎の可能性があります。また、下腹部の痛みがあったり血尿がある場合には尿管結石、水尿管症などの可能性があります。


Read more at www.cabasun03.com