2010年2月2日火曜日

ChromeOSの意義って・・・

iPadの発表で色々なことを考えてしまいます。

iPadは各家庭に普及し、WindowsPCは家から消えるか?
はたまた、WindowsOSを駆逐するのはChromeOSか?

こうして考えるとChromeOSの意義がよく分からなくなってきました。
ChromeOSの特徴は
  1. 起動速度
  2. 安定性
  3. クラウドサービスとの親和性の高さ
  4. キュアな構造
ですが、このアドバンテージは4つめ以外はiPadが実現しています。

1.起動速度
テレビのように一瞬で電源が入ることが売りだといわれてますが、それならiPadでもスタンバイ状態にしておけば、使おうと思えば一瞬で立ち上がります。バッテリーやCPUの性能も上がってきているのでバッテリー持ちも問題ないですし。

2.安定性
iPadはFlash未対応にすることにより、安定性を高めているように思います。デモを見るか限りではサクサク使えているので、問題ないと思います。

3.クラウドサービスとの親和性の高さ
クラウドサービス(Saas)との相性がいいことはわかるんですが、それならiTunestoreから配信される専用アプリ使えば、より簡単にクラウドサービスにアクセスすることができるような気がします。Chromeについてる拡張機能が使えるとはいえ、たかが知れてます。

4.セキュアな構造
これはChromeOSでしか実現できませんね。OSのアップデートも自動でやるところからすると非常にセキュアな構造になっていると感じます。

こう考えるとGoogleは何を考えているのかわからなくなってきました。どう考えてもAndroidは将来性があるんですが、ChromeOSは・・・。時代の先を行きすぎてるんですかね・・・。

でも、信じています正式にリリースされたときChromeOSは皆の想像を越える何か驚くべきことをやってくれると!